久々の更新ですが、またまた、小ネタを一つ。。。

自宅にPCサーバを立て、Hyper-VでMOSSファーム構成してみました。

自宅で落ち着いて技術習得したり、職場では出来ないような(危険度の高い)実験も自由に行えるので、自宅サーバ環境はおススメです。

 

■インストール資源
Hyper-Vの環境を作るので、MOSS以外にもExchangeやWindows2008など、欲しいインストール資源は数多くあります。そこで、評価目的であれば評価期間制限の無い、TechNet Plus Directサブスクリプションを購入しています。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/subscriptions/default.aspx

ハッキリ言って自腹で買っていますw
これを高いと言う人もいますが、OSとサーバ製品、officeアプリを自宅で評価や習得に使えるので、それなりに良いかと思います。
新規に購入する人は、キャンペーンなど安くなった際に購入するのが良いかと思います。ちなみに、私はMCSE特別割引というキャンペーン時に格安で買えました。

 

■ハードウェア
10年ぶりに「自作PC」的に組み立ててみました。
秋葉原でパーツを買い集め、組み立てる事はやはり楽しいですな。。。

パーツ選定には「Hyper-Vが動く環境を低価格で」を前提で考えました。

 

・CPU
 AMD Phenom Ⅱ X4 920
・マザーボード
 ASUS M4A78 PRO
・HD
Seagate 500GB 7200rpm 32MBキャッシュ
・MEM(メーカー物)
 8GB
・筐体+電源(消音仕様、ちょっと高め)

 

上記のハード構成で約7万円。ちなみに、購入したのは半年前ぐらいだったので、今はもうちょっと安く買えるかと思います。

尚、パーツを購入する際は、Hyper-Vのハード要件は要確認です。
仮想化支援機能とDEPなど、マザーボードとCPU選定では要注意です。

 

■基本環境
上記のハードウェアにWindows2008 Server 64Bitを入れ、Hyper-Vを導入。

 

■MOSS環境
上記のHyper-V環境に、以下のMOSS環境を構築

 

ADサーバ x1
Webサーバ x2 (NLB)
Index x1
DB x1
クライアントPC(XP)

 

上記の構成ですので、ちょっとした操作確認ぐらいは出来ます。
しかし、物理MEMが8Gなので、上記構成でギリギリです。
メモリが安くなったら16GB構成に変えようかな?そうすれば、7台構成のファームも出来るかも。

 

尚、MOSS以外にもWindows2008でのターミナルサービスをファーム構成で作ってみたりと、何気にちゃんと動くので驚いていますw

自宅サーバ、ちょっとお勧めです。

 

■参考情報

Microsoft Office SharePoint Server 2007 自習書 Hyper-V を利用したテスト環境の構築手順

http://technet.microsoft.com/ja-jp/office/sharepointserver/cc952469.aspx#withHyperV

TSUKUMOネットショップ

http://shop.tsukumo.co.jp/parts/

広告

 

SharePoint Servies3.0、MOSS 2007の標準パーツである「ディスカッション掲示板」ですが、Notesを使っていたお客さんからは「使いずらい」という意見をよく聞きます。そんなディスカッション掲示板ですが、Joelさんのブログにあったツールが面白そうなので習得用環境へ実験導入。

 

Install後、”サイトの機能”で、Quest Shared Web Parts for SharePointをアクティブにしてWebパーツを追加し、以下のezEditをクリック

image

以下のような設定画面が表示されますので、階層表示させたい既存のディスカッション掲示板を”ViewLists”で選択。また、Display Fieldsに表示させたい列を追加。

image

 

標準のディスカッション掲示板ではこんな感じですが。。。

image

展開式の階層表示が出来ます。

image

添付ファイルがある返信には、”添付ファイル”の列にフラグが立つようです。

image

見たい記事をクリックすると、画面下には本文のビューが表示されます。

image

 

ヘルプを選ぶと

image

けっこう詳しいヘルプが表示されますので、詳しい使い方はヘルプを見ながらですね。

image

 

う~ん、楽しいWebパーツです。無論、ユーザへ解放するには入念な協議とテストが必要ですね。

仕事ではありませんが、暫くの間フランス国内を転々としていました。

帰国したので、久々の更新です。

 

MOSS本をパリの書店で見かけました。

P1010027

拡大すると、しっかりとフランス語です。

image

他にも何冊かMOSS本がありました。フランスでもMOSSは使われているっぽいですね。。。って、当たり前ですがw

image

以上、フランスのMOSSネタでした。これだけです。ネタとしては、く、苦しい。。。

 

話題を変えます。ちょいとI Tネタがありましたのでご紹介。

 

パリというと。。。。

 

歴史的な建築物

P1010093

中世の面影を残す町並み。

P1010119

カフェでくつろぐ人々

P1010227

これが、パリのイメージかと思います。(少なくても、私はそうでした)

 

しかし、パリ中心部から電車で15分~20分程の近郊には、思いっきり現代的なビル群があります。

パリのビジネス街”ラ・デファンス”です。

P1000995

新宿の西口ビル群みたいです。

P1000997

しかし、パリ中心部との距離があまりにも近いので、非常に違和感があります。例えると、京都の嵐山に新宿ビル群があるような感覚です。

 

そんなビル街に巨大建築物(幅:108m、高さ:110m、奥行き:112m)が。。。

P1010021

P1000982

これでも、お役所やオフィスなどが入っているビルとの事です。

真ん中の空間を「土地活用的に無駄使いでは。。。?」と考えてしまうのは、私が日本人だからでしょうか?

 

このビルの最上階で、「コンピュータ ミュージアム」的なイベントが開催されている事を発見し入場。

1920年以降、コンピュータの歴史を彩る?マシンが陳列されています。その中から一部をご紹介。

P1010008

↓1920年代のものらしい。解説のフランス語が読めん。。。

P1010013

↓プログラムは紙にパンチ穴をあけていた時代のマシン。

P1000986

↓昔のハードディスク。LPレコード並みにでかい。

P1000987

IBM 7040 IBMの1959年の作品。トランジスタ版メインフレーム 。手前の黒電話が渋い。。。展示方法も凝っていますね。

P1000988

↓1984年のMS-DOS 2.0マシン。 メモリサイズは256kb(MAX512kb)

P1000993

↓5インチFDを4基搭載可能。けど、ディスプレイは10センチ程。一体、何に使ったマシンだ???

P1010004

↓TOSHIBAのマシン。日本メーカがあると嬉しいです。

P1000999

↓TAITOのゲーム機。電源が入っていなかったのですが、私が写真を撮ろうとしたら、ガードマンらしき黒人の人が電源を入れてくれた。私が笑顔で「メルシィー♪」と声をかけると、彼も笑顔で応えてくれる。笑顔のやり取りの心地良さは世界共通ですな。。。

電源が入ったら、インベーダー、パックマンなど懐かしのゲーム画面がランダムで流れ始めました。激懐かしい。。。

P1010003

 

 

番外編

↓南仏の小さな町。とあるネットカフェのキーボード。こちらのキーボードはキー配列が日本と異なります。その違いでイラつく事1時間w。日本からPCを持って行けば良かったかも。。。

P1010253

 

「フランス人は英語を絶対しゃべらない」

という都市伝説?があります。確かに「通じない、話してくれない」という場面は数多くありました。しかし、当然の事ながら空港・ホテルでは英語が通じます。また、地方都市でも大きな駅の窓口では英語が通じましたし、パリ・地方都市共に若者世代へは英語が通じる事が多かった感があります。ですので、フランスでも「簡単な英語+挨拶程度のフランス語」でも旅行程度ならギリギリ可能って事を実体験しました。

 

さてさて、海外ボケを日本モードへ修正しなければ。。。

 

次期バージョンの話題、そろそろ来るだろう。と思っていました。

Microsoft SharePoint Team Blogの記事でもありましたが、国内でも情報が流れ始めました。

 

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0904/16/news025.html

 

国内でもExchangeのエンジニア人口は多いので、Exhcangeについては日本語の技術情報は多く出回ると思います。

しかし、SharePointについては日本語情報は少なく、英語と格闘しながら始める事になるでしょう。。。

けど、ベータ版が出たら直ぐに手を出してしまう癖が。。。

 

超小ネタを。。。

SharePoint Designerを使って、昔懐かしいカウンターを設置してみます。

 

①カウンターを設置するサイトをSPDで開き、[挿入]-[Webコンポーネント]

image

 

②以下の画面で設置したいカウンタを選択

image

③桁数などを設定

image

 

④カウンタが設置されました。

image

 

な、懐かしいカウンタですね。。。

テレホーダイの時間帯になると、ダイアルアップでネット接続していた時代を思い出します。

 

SharePoint Designerを使ってデータビューを作成すると、複数のリストをまとめて表示させたりと色々と便利です。しかし、色々と潜在的な問題を感じる今日この頃。メモリ、CPUと絡めてデータビューに悩まされています。いずれ、明確になったらご紹介しようかなと。

 

ちょいと印象に残ったサイトを備忘的にご紹介

http://www.lcbridge.nl/vision/2009/dvwp.htm

 

参考:http://office.microsoft.com/ja-jp/sharepointdesigner/CH100667641041.aspx

 

備忘的に投稿

 

Joelさん的ガイドライン記事

http://www.sharepointjoel.com/Lists/Posts/Post.aspx?ID=187

 

2月のパッチ情報

http://blogs.msdn.com/sharepoint/archive/2009/02/26/is-it-time-to-apply-feburary-cumulative-update.aspx

以下、抜粋

Windows SharePoint Services 3.0
961750 Global
http://support.microsoft.com/kb/961750

967703 Language specific
http://support.microsoft.com/kb/967703

Microsoft Office SharePoint Server 2007 & Microsoft Search Server 2008
961749 Global
http://support.microsoft.com/kb/961749

961754 Language specific
http://support.microsoft.com/kb/961754