情報


 

月刊Windows Server World誌が休刊とは。。。

かなり寂しいです。今後はComputerworld.jpに統合されるらしい。

 

まだ「月刊Windows NT World」だった頃、私は新人であり、この雑誌にかなり助けられました。。

当時は毎月、必ず買って隅から隅まで読み込み、気になった記事をファイリングしてました。

 

そんな思い出深い雑誌が休刊とは。。。非常に残念です。

 

我々エンジニアはWebから情報を仕入れるようになり、紙媒体である雑誌を買わなくなった事が原因かな?昨今の経済状況的に、広告収入が激減した事が原因かな?

と、まぁ、何はさておき、申し訳ない気持ちと感謝の気持ちを込めて、現在販売中の最終号12月号を買いました。

 

この雑誌に世話になりながらも、最近は買っていなかった同業の皆様、現在発売中の最終号ぐらいは買いましょう。

 

久々の更新ですが、またまた、小ネタを一つ。。。

自宅にPCサーバを立て、Hyper-VでMOSSファーム構成してみました。

自宅で落ち着いて技術習得したり、職場では出来ないような(危険度の高い)実験も自由に行えるので、自宅サーバ環境はおススメです。

 

■インストール資源
Hyper-Vの環境を作るので、MOSS以外にもExchangeやWindows2008など、欲しいインストール資源は数多くあります。そこで、評価目的であれば評価期間制限の無い、TechNet Plus Directサブスクリプションを購入しています。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/subscriptions/default.aspx

ハッキリ言って自腹で買っていますw
これを高いと言う人もいますが、OSとサーバ製品、officeアプリを自宅で評価や習得に使えるので、それなりに良いかと思います。
新規に購入する人は、キャンペーンなど安くなった際に購入するのが良いかと思います。ちなみに、私はMCSE特別割引というキャンペーン時に格安で買えました。

 

■ハードウェア
10年ぶりに「自作PC」的に組み立ててみました。
秋葉原でパーツを買い集め、組み立てる事はやはり楽しいですな。。。

パーツ選定には「Hyper-Vが動く環境を低価格で」を前提で考えました。

 

・CPU
 AMD Phenom Ⅱ X4 920
・マザーボード
 ASUS M4A78 PRO
・HD
Seagate 500GB 7200rpm 32MBキャッシュ
・MEM(メーカー物)
 8GB
・筐体+電源(消音仕様、ちょっと高め)

 

上記のハード構成で約7万円。ちなみに、購入したのは半年前ぐらいだったので、今はもうちょっと安く買えるかと思います。

尚、パーツを購入する際は、Hyper-Vのハード要件は要確認です。
仮想化支援機能とDEPなど、マザーボードとCPU選定では要注意です。

 

■基本環境
上記のハードウェアにWindows2008 Server 64Bitを入れ、Hyper-Vを導入。

 

■MOSS環境
上記のHyper-V環境に、以下のMOSS環境を構築

 

ADサーバ x1
Webサーバ x2 (NLB)
Index x1
DB x1
クライアントPC(XP)

 

上記の構成ですので、ちょっとした操作確認ぐらいは出来ます。
しかし、物理MEMが8Gなので、上記構成でギリギリです。
メモリが安くなったら16GB構成に変えようかな?そうすれば、7台構成のファームも出来るかも。

 

尚、MOSS以外にもWindows2008でのターミナルサービスをファーム構成で作ってみたりと、何気にちゃんと動くので驚いていますw

自宅サーバ、ちょっとお勧めです。

 

■参考情報

Microsoft Office SharePoint Server 2007 自習書 Hyper-V を利用したテスト環境の構築手順

http://technet.microsoft.com/ja-jp/office/sharepointserver/cc952469.aspx#withHyperV

TSUKUMOネットショップ

http://shop.tsukumo.co.jp/parts/

次ページ »