このところ、英語OS環境でCitrixとSystemCenterしか触っていないので、日本語マシンに飢えてます。

気分転換の目的もあり、SharePoint Server 2010  (ベータ版)  を自宅サーバにインストールしてみました。

 

~準備~~~~~

評価環境の目的なので、スタンダード構成にて計画。システム要件を確認。

■ハードウェア、ソフトウェア要件の確認

ハードウェアおよびソフトウェアの要件を決定する (SharePoint Server 2010)

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc262485(office.14).aspx

…ソフトウェア要件が多すぎます(笑)

■インストール手順、その他注意事項

データベースが組み込まれた単一サーバーを展開する (SharePoint Server 2010)

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc263202(office.14).aspx

■動作環境

自宅のHyper-V環境にゲストOSとして、以下のSharePoint2010環境を用意

OS:Windows Server 2008 SP2(64bit)

メモリ割り当て:5GB

仮想プロセッサ割り当て:2

■資源の準備

Technetサブスクリプションのダウンロードサイトから、SharePoint 2010ベータ版をダウンロード。

②以下の必須コンポーネントをネットからダウロードし、マシンへ事前インストール。

Microsoft .NET Framework 3.5 SP1
SQL Server 2008 Express SP1
Microsoft "Geneva" Framework
Microsoft Sync Framework Runtime Version 1.0 (x64)
Microsoft Filter Pack 2.0
Microsoft Chart Controls for the Microsoft .NET Framework 3.5
Windows PowerShell 2.0 CTP3
SQL Server 2008 Native Client
Microsoft SQL Server 2008 Analysis Services ADOMD.NET
ADO.NET Data Services v1.5 CTP2

 

~インストール~~~

■Microsoft SharePoint 製品準備ツールの実行

ダウンロードしたSharePoint2010のインストールファイルを起動し「ソフトウェア必須コンポーネントのインストール」をクリックします。

image

必須コンポーネントの一覧が表示されます(多すぎ)。必須コンポーネントがマシンに入っていなければ、ネットから自動的にダウンロードする模様。けど、危険な香りがするので手動で事前にインストール済み。

image

同意して次へ

image

事前に必要となるソフトウェアは導入済みなので、以下のように「既にインストールされています」メッセージがコンポーネント毎に表示されます。これで、SharePoint2010をインストールする環境が出来ました。

image

 

 

SharePoint Server のインストール

「sharePoint serverのインストール」をクリック

image

キーの入力があります。私はTechnetサブスクリプションのキーを入力します。

image

次へ

image

 

MOSS2007と同じですね。ファーム構成では無いので「スタンドアロン」をクリックします。

image

インストールが開始されます。ここの時間がやたら長い。

image

諦めかけた時、MOSS2007と同様の画面が表示されたので、「閉じる」ボタン押下。

image

MOSS2007,SharePoint Services3.0と同じですね。「次へ」ボタン押下。

image

ここも同じですね。

image

完了ボタン押下

image

初期画面はサイト作成の画面でした。MOSSの時とは違いますね。発行サイトを作ってみます。

image

おぉ~、これが新バージョンですか。。。

image

[サイトの操作]が左上になりましたね。けど、表示メニューはMOSSと似ていますので直感的に判ります。

image

う”、office2007っぽい操作インターフェースが。。。

image

全体管理の画面も変わりましたが、メニューはMOSSと同じですね。

image

今度はチームサイトを作ってみた。

image

と、今日はここまで。

 

■全体的な感触

思いの他、MOSS2007と同じ部分が数多く残されているように思います。

MOSS2007→SharePoint 2010へのスキルチェンジは、想定よりも少しは楽かな?と期待しつつも、業務でやり始めたら英語とバグとの戦いになるでしょう。。。。

広告