ここ最近、Citrix XenAppやらWin2008,Hyper-V、SystemCenter関連と戯れており、MOSSは全く触っていません。。。と、言う事で新ネタがありません(笑)

ですので、過去の経験を思い出しペースで更新しようかと。。。

 

64bit化・・・・SharePointも次期バージョンは64bitのようですが、ご存知のようにWindows Server 2008 R2も64Bitのみのリリースです。昨日、DLが可能になりました。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090815/335514/

MS社さん、64Bit化への移行を即す動きが止まりませんね(笑)

 

■32bit環境でのSharepoint

ASP.NET Web アプリケーション は、32Bit環境ではw3wp.exeのメモリ使用量が増加すると、場合によってはCPUの高負荷が発生します。

http://support.microsoft.com/default.aspx/kb/954830/ja

http://support.microsoft.com/kb/954828/ja

勿論、SharePointはASP.NET Web アプリですので、この状況が当てはまります。

 

また、SPDisposeCheck v1.3.1でも書いた通り、Dispose処理の無いWebパーツがあるとw3wp.exeのメモリ使用量が増加し、システム不安定やCPU高負荷が引き起こる可能性があります。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/bb687949.aspx

しかし、64Bit環境ではメモリの使い方が異なるので、64Bit環境の方が安心。ってところでしょうか?

 

■SharePoint次期バージョンが64Bitの理由?

経験上、MOSS2007は何かとw3p.exeのメモリ使用量は高くなります。

個人的な想定ですが、SharePointは

 

・ビジネス受けが良い多機能

・ブラウザ操作だけでサイトを作れる

 

などの”ウリ”が、裏ではw3wp.exeメモリ使用量増加の温床になっている気がしています。

多機能にすればするほど、プログラムは複雑化し、ASP.NET アプリとして無理・無茶がメモリ使用量増加に繋がっているような気がします。この動きはMOSS2007でも顕在化しており、今現在、MOSS2007は64bit環境での構築が推奨されています。

MOSS2007は32bitもサポートされていますが、次期バージョンは64bitのみ。

と、言うことは

 

「SharePoint次期バージョンは、更に新機能&機能拡張が多くなります。w3wp.exeのメモリ使用量の軽減は出来ないので、64Bitにしてね。32bitという、過去の器、アーキテクトではシステムを保てませんので。」

 

と、いうMS社さんの意思、方向性を感じてしまいます。

広告